東洋医学では医は仁術といいます
あわだたしく過ぎ行く日々に少しでもゆったりと健康に暮らせる為の工夫、古臭いで済ましたくない日本の古来からの知恵や文化
鍼灸師をしてきて日々思う事を書いてます
 
韓国 釜山旅行
0
     お盆休みを利用して、韓国のプサンとテグへ行ってきました。

    周りには妻が『韓国行きたい、韓国行きたいというもんで…』なんていいながら行くととても楽しいです。

    最近やたらTVで流れてくる、韓国の音楽やドラマはさっぱりわかりませんが、行ってみると良いところです。(ドラマ、ホジュンは全部見ましたが…)

    今回は、ソウルと違うところに行こうという事で、テグとプサンに行ってきました。

    何も知らずに薬令市があったのでテグを選んだのですが、世界陸上が行われると言うことで、ホテルはそこらじゅうにガードマンなのか警官なのかがいてはりました。

    ソウルの漢方薬街には去年行ったのですが、テグの薬令市も漢方薬店がたくさんあり楽しめました(約300店だそうです)

    ソウルよりも小奇麗な感じで、お店も一店一店が綺麗でした。
    RIMG0485.JPG

    小奇麗に並べてあります

    RIMG0503.JPG
    町のオブジェ

    RIMG0495.JPG
    鍼灸の道具や本が売ってました

    RIMG0496.JPG
    お灸の道具もいっぱいです

    RIMG0499.JPGRIMG0501.JPGRIMG0500.JPG
    本もたくさんあります

    その薬令市のなかにある博物館です。

    RIMG0522.JPG

    薬箪笥や伏梁突き、古書や貴重な漢方の材料など展示されています。

    RIMG0539.JPG
    薬箪笥

    RIMG0543.JPG

    伏梁突き

    RIMG0564.JPG

    熊膽です

    RIMG0547.JPG

    古書も少しありました

    RIMG0567.JPG

    鹿の角です

    RIMG0545.JPG

    これはソウルの博物館では見れませんでしたが、古代九鍼です

    RIMG0572.JPG

    ベランダでは少し漢方薬が植えられていました

    テグの博物館は、東洋医学の基礎的なことに重点をおいた内容で、鍼灸の学生や漢方に興味がある人なんかが行けばかなり勉強になりそうです。ソウルのホジュンの博物館はホジュンと言う人をメインに展示されていた感じで、こちらの博物館はもう少し漢方そのものをわかりやすく展示してあります。

    そして釜山の古本通りにも行ってきました

    RIMG0663.JPG
    RIMG0661.JPG

    小さな通りですが、東洋医学関係の本はたくさん有りました。特に多いのはやはり東医宝鑑。20種類以上はありました。日本の古本屋で鍼灸関係をさがしても中々見つからないので量の多さにびっくりしました。新刊はともかく古書は漢字表記がおおいので、大体何の本かもわかり楽しいです。
    ついつい買いすぎてしまい、ホテルまでつくのにクタクタでした。

    RIMG0667.JPG


    チャガルチの漁港も行ってきました

    RIMG0632.JPGRIMG0639.JPG

    新鮮な魚がたくさん泳いでいます。客引きがすごいとガイドブックに出てましたが、そうでもないです。
    釣竿を露店で売っている店があり、釣りがしたくなりました。

    プサンは、ソウルとはまた違った楽しさがありました。
    カッパ寿司もありました。RIMG0674.JPG

    RIMG0692.JPG

    少し酔っ払って占いをしてもらいました。この方は日本語が上手でした。

    RIMG0658.JPG

    チャガルチの刺身定食です。醤油もわさびもついています。

    RIMG0577.JPG

    テグの博物館の前で食べたサムゲタンと冷麺です

    RIMG0461.JPG

    テグの田舎で入った店です

    注文するのに10分以上話をして(殆ど通じず)やっとでてきました。ハムのような薫製のような最後までわかりませんでした。日本人に興味深々と言った感じでした。とても安かったです。

    RIMG0715.JPG

    韓国の焼肉屋さんは全部焼いてくれます。
    ギアラ(第四の胃)やトゥギャン(上ミノ)など初めて食べました。とても美味しかったです。

    今回で三回目の韓国だったので、少しなれてきたのもあっていろんな人と話しました。(殆ど片ことの英語ですが…)どの人もしっかり話をしてくれて、暖かい感じがとても良かったです。テグでカジノに行ったのですが、ソウルとちがいお客さんもまばらで(かなり少なくて)、スリーカードポーカー?のやり方がわからないというと、四人がかりでとても丁寧に教えてくれました。偶然暇な日だったかもしれませんが、アットホームなカジノ体験は初めてでした。カジノ嫌いな妻もご機嫌でした。少し韓国人との会話が楽しめた旅行になりました。

    韓国語で通じたのはイルボンサラン・チョギヨー・オルマエヨーだけですが
    【2011.08.22 Monday 15:49】 author : hiyoridou
    | 休日 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
    久しぶりの釣りです
    0
      先日、久しぶり(一年ぶり?)に釣りに行ってきました。

      今回は勝手が違い、いつもお世話になっている船頭さんは御病気で、船頭さんの紹介で違う船に乗りました。

      ですので14時から17時までという非常に楽な釣りでした。出発も9時半でゆっくり寝てから出発出来ました。

      出港が昼なので、行く前はあまり期待していなかったのですが、結構大漁でした。

      釣果は、レンコ鯛 26 真鯛 40 アジ 36 ウマズラ 5 マルハゲ 1
      サゴシ 2 キジハタ 1 エソ 2 カイワレ 1 チャリコ 2 小アジ 69
      でした。飲ませでキジハタが釣れました。







      いつもつりは半分徹夜で出発して、船の上に十時間程いるので楽しい反面結構ハードなんですが、今回は本当に楽々でした。

      意外な釣果で皆さん大変ご機嫌で、体力が余ってたのもあって、釣った魚でパーティーが出来ましたビール

      やっぱり、釣りは楽しいです。次はまた来年かな?

      【2010.10.09 Saturday 22:35】 author : hiyoridou
      | 休日 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      韓国旅行
      0
        お盆休みを利用して韓国に行って来ました。

        去年もちょうどお盆休みに行ったのですが、色々な新発見がありました。

        まずは、ホジュン博物館。

        これは去年行けなかったのですが、韓国の東洋医学を語る時真っ先に名前のあがるホジュンの博物館です。

        韓国では医師が鍼灸や漢方を施すので、鍼灸をする方は皆6年制の医師の教育を受けられています。

        ここの博物館もその医師の組合がホジュンの生まれた地に博物館を作ったとのことでした。そして驚いた事にホジュンの名前は韓国人はほぼ知っていると博物館の人が教えてくれました。

        博物館には、彼の代表作である東医宝鑑の初版本をはじめ、いくつかの本が展示されていたり、
        当時の韓医院の様子や色々な漢方薬、ホジュンの家系図が展示されていたり、
        彼が晩年死ぬまで本を書き続けたとされる、洞窟の様子なども再現されていました。

        日本版の東医宝鑑

        休みだったせいか子ども連れの方が多く、ホジュンさんみたいに偉くなれよという感じでしょうか?
        少し行きにくい場所にありましたがいい思い出になりました。
        日本にはこの様な東洋医学の偉人をメインテーマにした、子どもでも来れる様な博物館があるのでしょうか?
        もし無かったら是非つくってもらいたいです。
        そのときはホジュンの様にドラマ化もして、日本人ならみんな吉益東洞は知っている、曲直瀬道三は知っている、内藤希哲は偉い偉人だみたいになれば面白いかなぁと思ってしまいました。

        そして、京東市場。


        ここは去年も来たのですが韓国最大の漢方薬市場。
        とにかく圧巻です。
        今回は高麗人參、鹿茸、牡蛎、サムゲタンセットなどを個人的に仕入れましたイヒヒ(親しい方にあげたり、自分で飲んだりするだけですが。)


        鹿茸は粉砕してもらいました

        高麗人参も大量に売っています

        にんにくもこの通り


        この市場の近くにも博物館がありました。

        博物館のエレベーターにも見る



        綺麗な鍼ケースと鍼です。今よりかっこいい??


        次に、前回あまりまわれなかった、
        妻の趣味であるポシャギ(韓国の布を何枚も合わせた縫い物)の布屋さんや展示会をまわりました。
        広蔵市場ではまるで迷路のように布屋さんが並んでいました。
        いったい何件有るんでしょう?
        どこまで続くんでしょう?
        しかし布は日本の数分の1の値段で買えたようです。

        まさに昔に流行った巨大迷路のような市場です


        あと韓国産の刺繍糸(日本ではあまり買えないそうなんですが)を探したのですが、一日目はあまりの店の多さに断念。
        改めて次の日に行った、インサドンで見たポシャギ展で知り合った方に教えていただいた店を探しに行き、それでも1時間程まよった挙げくようやくGETできました。

        ポシャギの展覧会です。

        その次の日に行った、インサドンでは古本屋も発見。
        ここでは景岳全書の和刻本、湯本求真の皇漢医学などが売っていました。

        そういえば、前の日に行ったミョンドンの本屋さんにも漢方鍼灸のコーナーがあり、(コーナーの広さとしては梅田の旭屋書店の半分位でしょうか?)東医宝鑑をはじめいろんな本がありました。池田先生のハンドブックシリーズ、医道の日本の漫画易経などのハングルバージョンもありました。

        インサドンの古本屋

        ハングル語版のまんが易経入門

        今回は市場めぐりが多く、かなり歩きました。以下、おいしかったもの達ですグッド


        冷麺です
        参鶏湯です。

        カンジャンケジャンです。

        焼肉です。


        【2010.08.24 Tuesday 22:44】 author : hiyoridou
        | 休日 | comments(4) | trackbacks(1) | - | - |
        おっちゃんバンド(誕生日を迎えて)
        0
          先日、友人がライブをするということで奈良県のライブハウスに行ってきました。

          この友人は(鍼灸師ですが)、30才を過ぎたあたりからドラムを始め、最初はよくやるなあと思ってたのですが、今ではかなり上達され貫禄を感じます。

          いくつかバンドを組まれてきたようで(私もずいぶん前ですが、大阪に住んでいた頃に半年くらい混ぜてもらってました…)、今回はスリーピースの編成でメンバーの年齢は30代半ばぐらいでしょうか?なんとも上手で(ソロは痺れました雷)かっこいいおっちゃんバンドでした。

          普段開業していると、中々したいことが出来なくなってきます。休みは殆ど勉強会ですし、それ以外だと買い物や古本屋めぐりや寝てるくらいで時間が過ぎてしまいます。東洋医学が好きなので、勉強会は楽しいのですが、もう少し仕事を離れた何かを今のうちに見つけるのも良いのかなあと今回のライブを見ていて思いました。

          ツーリングに行っていたバイクは売りましたし、遊びで弾いていたギターも弦が切れたままです。よく行っていた友達のバーもご無沙汰で、釣りでさえ半年以上行ってません。ん〜おっちゃんバンドならぬ単なるおっちゃんだしょんぼりと思います。

          妻は障害者の合唱団の団長をしたり、パンやポシャギやチャンゴなど習い事が大好きです。周りの連れも皆上手に遊んでます。

          時間が無いといえば無いのですが、時間をつくる努力はあまりしてないのが現状です。好きな仕事が出来るのは大変幸せですが…

          先日、36才になったことだし、東洋医学以外の楽しみを何かを一つくらい考えよっかなあと思いました。



          【2010.08.05 Thursday 18:17】 author : hiyoridou
          | 休日 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          Mちゃんのお母さん、京都へ
          0
            島根から向日市に出てきている飲み友達のMちゃん。開業当時(4年前)は僕自身、時間をもて余す事があったのとたらーっ院の話など聞いてもらいたく週1、2回は飲みに行ってました。

            僕より5才若いのに、しっかり者で、その上背も高く、男前!!妻も口癖のように『Mちゃんは男前やわ〜、私が知る中では一番やわ!!』など言っています。

            最近は中々時間が合わず、行けて2ヶ月に1回位の付き合いになっているのですが、そのMちゃんのお母さんが島根からGWをかねて息子の様子を見に来られるということで、1日時間を頂き、向日市周辺を案内させていただきました。

            先ずは、乙訓寺。


            この時期の乙訓寺はなんと言ってもボタンです。
            お母さんもボタンを島根で育てられているらしく、熱心に見てられました。

            次は、光明寺。光明寺といえば紅葉なのですが、近くで昼食を予約していたので、少し寄りました。お堂がとてもいい雰囲気でした。


            紅葉の時期の光明寺は大変趣があるのですが、その裏にある大学内の喫茶店…穴場です。


            それから、昼食を食べて

            善峰寺に向かいました。10年ぶりにきましたが、見ごたえ充分です。日本一の松、京都市内一望できる景色、寺一面が大きなテーマパークのような壮大な景色、滝などなど、おまけに腰痛、神経痛が治るお守り。(お守りで治られると私たちの仕事は無くなりそうですが…)充分堪能しました。



            お土産に、小倉山荘に立ち寄りました。

            せっかく島根から来られるんだし、もっと京都市内の観光地が良いかな?とも思ったのですが、連日の観光で疲れられているだろうし、普段の息子さんの行動範囲が垣間見れるかなと思い、近場を回りました。京都はどうでしたか??

            夜は、行きつけの飲み屋さんで、たこ焼きパーティーでした。しきりにお母さん『いつも結構飲んでるの?タバコもずっと吸って。やめられんんのかな?』など仰っていました。最後の方は少しお疲れのようでしたが、すごく楽しんでられるように見えました。また今度はこちらが島根にお邪魔させていただきたいです。


            【2010.05.08 Saturday 20:52】 author : hiyoridou
            | 休日 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            釣り (秋の西小川)
            0
              久しぶりに釣りに出かけました。

              今回は、若狭湾、西小川の沖に出ました。
              台風の影響?もあってか午前5時に船が出てから、3時間ぐらいは揺れて揺れて大変でした。吐く人、寝る人、顏が真っ白の人と遭難でもしたかの状態で、私も寝てしまいました。

              船頭さんと、つり好きの2人はケロっと釣りを楽しんでられましたが…

              その後は、徐々に波もおさまり、皆さん釣りを再開され結構数、種類が釣れました。

              釣果です。


              鯛と豆あじです。鯛は全体に小ぶりです。



              サゴシ(鰆の子供)とソイとエソです。小ぶりです。



              マトウダイ(マトダイ)です。これは小あじを餌にのませで釣りました。




              ハゲとアジです。本命のアジがなかなか釣れなくて、船頭さんに何度も場所を変えてもらったのですが、午後11時位から急に釣れだしました。


              今回の釣りは7人で、船にめっぽう弱い1人は朝の風の状態に怯えてしまい、船には乗らず防波堤でサビキをされてました。(大正解!!)

              前半の地獄にも拘わらず、後半の巻き返しで、かなり釣れました。

              春のアジ程油はのっていないと聞いていたのですが、帰って食べたアジは最高でした。

              次回は来年の春でしょうか?
              【2009.09.23 Wednesday 11:44】 author : hiyoridou
              | 休日 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              地蔵盆
              0
                今年は町内会の役員(会計)が回ってきたので、地蔵盆のお手伝いをさせていただきました。

                学生の頃と最初の治療院に勤めたとき以外は、ほとんど今の治療院のある場所(実家)に住んでいますが、町内会のお手伝いをするのは初めてだったので(お恥ずかしいですが…)新鮮でした。

                それにしても子供が少ないです。

                今年は小学生未満を含めても12人。

                昼間は仕事の関係であまり顏を出せず、朝の準備と夕方からの参加でしたが、来られるのは大人ばかり。
                それはそれで良いとは思いますが。

                子供が少し少なくなったと云われだした僕らの子供の頃でも、もっともっとたくさんいたのになと思いました。

                夜の親睦会に、当時の年上の世代の人たちが、親となり来られていたのですが、
                『俺らの時分は、中学とか行きだしてみんな結構いばっててんけど、いじめたりせんかったか?』とかの話になり、なんかタイムスリップして急に当時の小学生に戻った様な気になり、当時の中学生、確かにみんないかつかったなぁなんて思いました。

                買出しや、景品つめ、くじ作りなど小さな町内会ながら大変でしたが、思ったより上手くいった気がします。

                小さな子供さんをお持ちのお母さん方にはかなり助けられました。誰かしらが一日いてくださり、ビンゴゲームの司会、すいか割り、何でもスイスイとこなして下さりました。ありがとう御座います。

                母は強しでしょうか。

                地蔵盆をしなくなったり、町内会自体が機能しない事が出てきているようですが、高齢化、核家族化が進むと、ご近所さんとの関わり方がますます重要になる気がします。


                【2009.08.26 Wednesday 11:09】 author : hiyoridou
                | 休日 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                消化不良
                0
                  先日の日曜日は、鍼灸と漢方の勉強会でした。

                  いくつか勉強会に参加させていただいていますが、色々な講義を聴いてますと消化不良になるときが有ります。

                  今までは勉強会に行くことで(行ってるというだけのおぼろげな)自信がついたり、新しい目標ができたりしていましたが、最近は自分の方向性をしっかり持たないと、治療の照準がブレてしまいそうな気が少ししてきました。

                  東洋医学の内容のあまりに広いこと、東洋医学があらゆる方向に進んで行っていることが少し垣間見えてきたのかなと自分では思います。

                  良く、『結局は自分流の治療法を見出せばいいんや』と先輩方に言われることが有ります。鍼灸とマッサージの治療院に勤めていた時分には『私は本なんて読まなくても自分の指先がすべて治していくんや、経験が全てや』といわんばかりの先生もよくおられました。

                  自分流の捕らえ方も色々です。

                  東洋医学は治療家の感覚が大事な部分も大きいと思いますが、感覚を大事にするのにも根拠が必要だと思います。同じ経験でも感じ取る方の知識、感性などによって様々だと思います。

                  勉強会に行くごとに、ブレを感じ、その事がわかりかけた頃に新しいブレを
                  感じて、中々自分流どころか講義内容にふり回されています。

                  免許をとって今年で10年目になります。ピカピカの一年生は卒業出来る様に、上手に勉強していきたいです。


                  【2009.06.17 Wednesday 10:21】 author : hiyoridou
                  | 休日 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  久しぶりに
                  0
                    イサキ
                    アジのたたき イサキの酒蒸し 潮汁
                    日曜日ごとに勉強会が続いたので、久しぶりに釣りに行ってきました。
                    和歌山県の御坊に、イサキが良くつれると聞き、知り合いのおじさんと友人3人で臨みました。

                    良く鍼灸の鍼を刺す手技は釣りに例えられます。
                    鍼を皮膚から徐々に体内に入れていく際に、びびっつときたらそこで鍼を留めるなどと言われたりします。

                    今回のつりは船釣りの手釣りだったので、
                    普段の竿で釣るよりも魚の動きが良くわかり、
                    この動きはイサキかな、これはアジかな、これはガシラかな、
                    など魚によって全然手に伝わる振動が違う感じがしました。

                    鍼を入れていく際の、術者の手に来る感じにもいろんな種類があります。
                    患者さんが『先生ズシーンときたわ』と気づくぐらいの大きな感覚もありますし、
                    患者さんは何も感じなくても、こちらで『よしよし来た来た、そろそろ患者さんのおなかがゴロッと鳴りそうや』と思うような
                    何かが患者さんの体から鍼を通して伝わってくる感覚もあります。
                    かと思えば豆腐に刺しているかのようなスカスカした感じの時もあります。

                    今回の釣りで感じたのはもう少し、こちらから誘うんでなく、相手の反応を待ってみるのもいいのかなと思いました。

                    院内の仕事なので運動不足になりがちで、治療もまだまだ考え考えして鍼を打ってしまっているので、海の上での釣りはとてもリフレッシュしました。

                    釣った魚は、お刺身、たたき、潮汁、酒蒸し、骨センベイにしていただきました。
                    【2009.05.27 Wednesday 11:13】 author : hiyoridou
                    | 休日 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    勉強会
                    0

                      三日前の勉強会で使った長鍼という鍼です。

                      鍼灸の鍼には、一般的に鍼灸院で最もよく使用される毫鍼という鍼を含めて九つの種類の鍼があると『黄帝内経』霊枢の九鍼論に出ています。

                      九つあるのは九つ必要だからで、言うなら大工さんの七つ道具のようなものだと、先生は仰っていました。

                      霊枢や鍼灸重宝記などに出てくるので、九鍼の存在は知っていたのですが、手元には、鑱鍼、鍉針、毫鍼しかなく長鍼は初めてだったので少し緊張しました。

                      気を通したり、坐骨神経痛、胸鎖乳突筋のしつこい凝りなどにも使用できることのことです。

                      見た目とは違い、刺入時の痛みなどもあまりなく、驚きでした。
                      まずは、身内の治療に使ってみようかなと思います。

                      【2009.04.22 Wednesday 18:33】 author : hiyoridou
                      | 休日 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |