東洋医学では医は仁術といいます
あわだたしく過ぎ行く日々に少しでもゆったりと健康に暮らせる為の工夫、古臭いで済ましたくない日本の古来からの知恵や文化
鍼灸師をしてきて日々思う事を書いてます
 
<< 御報告 | main | 知恩院 秋の古本まつり >>
別れ
0
    私たちの仕事は、高齢者との関わりが多くなります。

    特に往診となりますと、寝たきりの方の治療がメインになってきます。

    そして最後に訪れるのが、別れです。

    寝たきりで、一人暮らしの方たちは私たち治療家が来るのを待ってくださっています。

    『昨日の晩は疼いて大変やった。』
    『先生、今日はちょっとましやわ』
    『この話は娘には言わんといてね。』
    『昨日の宿屋(デイのこと)はちょっと疲れたわ』

    身体のこと以外にも、色々とよく話して下さいます。

    昨日もそんな患者さんの一人のお通夜でした。
    その患者さんは色んな病気を抱えられた方で、若いときから入退院を繰り返され、私も治療させていただく中で、いろんな経験をさせていただきました。

    いつも、明るい表情で迎えてくださいました。『先生、私ね…』とゆっくり話し出される方でした。

    ゆっくり休んでください。御冥福をお祈り致します。
    【2009.10.26 Monday 12:09】 author : hiyoridou
    | 日和堂 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hiyoly.net/trackback/1276033
    トラックバック