東洋医学では医は仁術といいます
あわだたしく過ぎ行く日々に少しでもゆったりと健康に暮らせる為の工夫、古臭いで済ましたくない日本の古来からの知恵や文化
鍼灸師をしてきて日々思う事を書いてます
 
<< 韓国旅行 | main | 久しぶりの釣りです >>
暑さがようやく
0
    異常なほど暑い気温もようやくひと段落して、朝晩が涼しく過ごしやすくなって来ました。ほんとに今年の夏は暑かったですね。各地で熱中症の方が出ました。

    ところで、熱中症の熱と風邪等の熱の違いをご存知ですか?

    風邪の時の熱と云うのは身体が身体の抵抗力を上げるために自らを高温にしている状態です。

    熱中症の熱は、身体が外気温の高さに追いつかず、体温を下げたいのに下げれない状態です。ですので体温計で測ってみて、おなじ38度を示したとしても、対処法はぜんぜん違います。

    風邪の場合は38度の熱なら熱が自然に下がるまで、出るだけ熱を出してあげるほうがよく、熱中症の場合は同じ38度でもとにかく冷やしてあげることです。

    この熱の違いを、発熱と鬱熱という言い方に表すことも出来ます。

    風邪の時に入ってきたウイルスに対抗しやっつけるために身体がわざと上げている熱を発熱。外気温が高くて、身体にたまった熱を上手に外に出せなくなってしまい、身体にどんどんたまっていく熱が鬱熱。

    身体にたまって出きらない熱は色々な悪さをします。強すぎるクーラーや解熱剤の使いすぎで熱が奥に入っていけば髄膜炎になる事さえあります。皮膚上にヘルペスとして出ることもありますし、今の時期に多いようですが、肺に入ると咳や痰になってきます。まだまだありますが、熱の処理は難しいものです。

    これから秋が深まっていくと、風邪の方が増えてきます。風邪の時の熱は熱中症の熱のようにただ下げればいいものでありません。ある程度出してあげるのがいい熱なのです。頭の片隅にでも置いておいてくださいね。

    ただし40度を超えるような高熱の場合は、他の臓器への影響なども出てきますので解熱剤などのお世話になるべきでしょうし、病院でしっかり処置してもらってください。
    【2010.09.14 Tuesday 18:42】 author : hiyoridou
    | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hiyoly.net/trackback/1389657
    トラックバック