東洋医学では医は仁術といいます
あわだたしく過ぎ行く日々に少しでもゆったりと健康に暮らせる為の工夫、古臭いで済ましたくない日本の古来からの知恵や文化
鍼灸師をしてきて日々思う事を書いてます
 
<< 年末年始のお知らせ | main | 学会参加 >>
明けましておめでとうございます
0
    皆様、明けましておめでとう御座います。
    本年も日和堂はり灸院をよろしくお願い致します。

    このお正月に与那国島へ行ってきました。

    与那国島は日本最西端の島で、人口が1800人に満たない島です。コンビニもない島です。
    沖縄よりも台湾の方が近い島です。

    この飛行機で、那覇から90分ほどで到着です。



    昨年初めて訪れたのですが、島の綺麗さ・人の温かさに感動し、本年も訪れました。
    あいにくの天候で、綺麗な写真は撮れなかってのですが、島の風景です。







    そして、いたるところに馬や牛がいます。





    これだけでもほのぼのとしていいんですが、時間を持て余すので今回は釣り竿持参で釣りをしてみました。



    雨と風が強くて、二時間くらいしかできなかったんですが、防波堤から結構釣れました。
    それもほとんどサビキで釣れました。



    急遽、油を仕入れ夕飯にしてみました。
    捌くとトゲがあったり、内臓がものすごく臭かったり、鱗が固かったり、魚によってはシガテラ毒というのがあったりするそうなんですが、
    釣り人に聞きながら安全そうなのを食べました。味は淡白でおいしかたです。
    最後に作った、アイゴを塩と泡盛で煮るマース煮が一番美味しかったです。

    自衛隊の基地も建設中です。


    旅の疲れか、昨晩の泡盛の飲み過ぎか(与那国島では日本で唯一、60度の泡盛である花酒の製造が許可されています)まさかの魚の中毒か、
    次の日妻が吐き気を訴えました。急遽持参していたお灸で応急処置をし、随分吐き気はおさまったのですが、
    帰りの飛行機内で何かあると怖いので、薬局を探したのですが、島に一ヶ所しかなくお正月は休みということで(診療所はあります手
    いろんな方に相談していると、飛行場の職員さんから胃薬をいただきました。機内でのいいお守りになりました。(流石に機内でお灸は出来ないのでアセアセ
    その後は、なにもなく那覇での夕飯も普通に食べて、泡盛も飲んでいたのでホッとしました。

    島には商店が点在して、居酒屋、沖縄蕎麦屋、焼肉屋、宿などもそれなりにあります。
    そのなかでも一番入りやすくて、それなりに美味しかったのは空港の食堂です。
    お昼に最適です。


    島ではそばに、おむすびが付いています。

    島の特産品、長命草のそばです。

    今回は、雨や曇りでしたが、やはりのんびり出来て、贅沢な時間が過ごせました。
    最終日にアクシデントもありましたが、さらに島の人の温かさを実感できる出来事になりました。

    また、行きたいです。


     
    【2016.01.05 Tuesday 20:12】 author : hiyoridou
    | プライベート | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hiyoly.net/trackback/1396888
    トラックバック