東洋医学では医は仁術といいます
あわだたしく過ぎ行く日々に少しでもゆったりと健康に暮らせる為の工夫、古臭いで済ましたくない日本の古来からの知恵や文化
鍼灸師をしてきて日々思う事を書いてます
 
<< 世界鍼灸学会連合会学術大会 | main | 合宿 >>
日本鍼灸史学会第24回学術大会
0

    鍼灸史学会学術大会に参加してきました。

    今回で第24回を迎える東アジアの古典医学を研究する学会です。

     

    私も、第21回から参加させていただき、今回3回目の発表でした。

     

    会場は京都で毎回絶好の紅葉の季節。

     

    地下鉄の階段を上がると目に飛び込んでくる紅葉を見る余裕もなく会場に向かいます。

     

    タイトルは

    『傷寒論』『金匱玉函経』『金匱要略』における「火」の概念

     

    発表は10分足らずなんですが、準備にかなりの時間を費やします。(当たり前ですね…) 

     

    毎回感じることなんですが、医学の古典に情熱をかたむける鍼灸師(それ以外の方もいます)がこのような形での学会を行なっているということ自体が素晴らしいことだと思います。

     

    特別公演は東京大学名誉教授 東方学会理事長池田知久先生の『淮南子』の目的と構成 ー道徳と人事の葛藤ー」でした。

     

    池田先生の講演は昨年に引き続き2回目で、『淮南子』に対する捉え方がぐんと深まった気がします。懇親会でも色々とお話を聞かせていただき、大変有意義な時間を過ごすことができました。

     

    発表前は終わったらゆっくりしようと思うのですが、いざ終わると反省や課題がどんどん湧いてきて、新たな気づきに気持ちが高ぶります。

     

    打ち上げに向かう頃には辺りは真っ暗で、またもや紅葉を眺めることはできませんでした。

     

    患者さんに少しでも還元できれば幸いです。

     

    昨日のお酒は美味しかったです。

     

     

    【2016.11.21 Monday 18:32】 author : hiyoridou
    | 東洋医学 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hiyoly.net/trackback/1396891
    トラックバック