東洋医学では医は仁術といいます
あわだたしく過ぎ行く日々に少しでもゆったりと健康に暮らせる為の工夫、古臭いで済ましたくない日本の古来からの知恵や文化
鍼灸師をしてきて日々思う事を書いてます
 
明けましておめでとうございます
0
    皆様、明けましておめでとう御座います。
    本年も日和堂はり灸院をよろしくお願い致します。

    このお正月に与那国島へ行ってきました。

    与那国島は日本最西端の島で、人口が1800人に満たない島です。コンビニもない島です。
    沖縄よりも台湾の方が近い島です。

    この飛行機で、那覇から90分ほどで到着です。



    昨年初めて訪れたのですが、島の綺麗さ・人の温かさに感動し、本年も訪れました。
    あいにくの天候で、綺麗な写真は撮れなかってのですが、島の風景です。







    そして、いたるところに馬や牛がいます。





    これだけでもほのぼのとしていいんですが、時間を持て余すので今回は釣り竿持参で釣りをしてみました。



    雨と風が強くて、二時間くらいしかできなかったんですが、防波堤から結構釣れました。
    それもほとんどサビキで釣れました。



    急遽、油を仕入れ夕飯にしてみました。
    捌くとトゲがあったり、内臓がものすごく臭かったり、鱗が固かったり、魚によってはシガテラ毒というのがあったりするそうなんですが、
    釣り人に聞きながら安全そうなのを食べました。味は淡白でおいしかたです。
    最後に作った、アイゴを塩と泡盛で煮るマース煮が一番美味しかったです。

    自衛隊の基地も建設中です。


    旅の疲れか、昨晩の泡盛の飲み過ぎか(与那国島では日本で唯一、60度の泡盛である花酒の製造が許可されています)まさかの魚の中毒か、
    次の日妻が吐き気を訴えました。急遽持参していたお灸で応急処置をし、随分吐き気はおさまったのですが、
    帰りの飛行機内で何かあると怖いので、薬局を探したのですが、島に一ヶ所しかなくお正月は休みということで(診療所はあります手
    いろんな方に相談していると、飛行場の職員さんから胃薬をいただきました。機内でのいいお守りになりました。(流石に機内でお灸は出来ないのでアセアセ
    その後は、なにもなく那覇での夕飯も普通に食べて、泡盛も飲んでいたのでホッとしました。

    島には商店が点在して、居酒屋、沖縄蕎麦屋、焼肉屋、宿などもそれなりにあります。
    そのなかでも一番入りやすくて、それなりに美味しかったのは空港の食堂です。
    お昼に最適です。


    島ではそばに、おむすびが付いています。

    島の特産品、長命草のそばです。

    今回は、雨や曇りでしたが、やはりのんびり出来て、贅沢な時間が過ごせました。
    最終日にアクシデントもありましたが、さらに島の人の温かさを実感できる出来事になりました。

    また、行きたいです。


     
    【2016.01.05 Tuesday 20:12】 author : hiyoridou
    | プライベート | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    年末年始のお知らせ
    0
      年末年始の診療は以下のようになります。

      12月28日(月)まで診療、

      12月29日(火)から1月3日(日)まで休診


      新年は1月4日(月)からの診療になります。

      予約電話番号は 075−934−0830 です。電話は携帯電話に転送されますので、
      休診中も9時から20時で予約電話の受付をしています。

      皆様、良いお年をお迎えください。

       
      【2015.12.28 Monday 09:27】 author : hiyoridou
      | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      夏季休診のお知らせ
      0
        誠に勝手ではございますが、下記の期間を休診とさせていただきます。

        8月23日(日)〜26日(水)

        8月27日(木)より、通常通り診療いたします。

         
        【2015.08.22 Saturday 18:25】 author : hiyoridou
        | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        年末年始のお知らせ
        0
           

          年末年始の休診のおしらせ。

          今年も一年ありがとうございました。
          来年も皆様の健康管理に少しでもお手伝いができる様
          切磋琢磨、努力していきます。
          よいお年をお迎えください。



          12月30日〜1月4日まで年末年始休み


          来年もよろしくお願いします。


          新年の診察は5日からとなります。
          【2012.12.28 Friday 00:33】 author : hiyoridou
          | 日和堂 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          世界陸上
          0
             世界陸上、アツいですね。連日熱戦が繰り広げられています。

            最近のテレビはあまり面白くないので、世界陸上をTVでやっているとラッキーという感じです。

            夕飯時にTVを見るのですが、妻は室伏選手が出てくるとTVに釘付けです。

            確かに男前で、りりしくて、結果もしっかり残されました。私も憧れてしまいます。私とは見た目から全然タイプが違いすぎますが…(一応年は同じなんです)

            いろんな選手がいる中で、金メダル候補と呼ばれる方が思うように結果を残せなかったり、意外な選手が好成績を残したりするのも大舞台の醍醐味です。

            世界で活躍する選手達ですので、練習一つとっても世界レベルのトレーナーがつき、緻密な練習スケジュールで何年もかけて世界陸上を迎えているはずです。

            それでも予想どおりの結果がでません。平常心を保つことの難しさを感じます。

            そうです。人間は日々同じではないのです。
            実力を出し切る、普段通りの結果を残すことはとても難しいことなんです。

            ですので、平常心を保つ為に選手によっては普段どおりの何かを競技前にする選手もいます。
            ユニフォームの着方を同じにする、バッターボックスに立つ際同じ動きをするなどです。
            脳波の研究などから、アプローチしているトレーナーもいます。

            しかしこれは、スポーツ選手に限ったことでは有りません。日常の様々な場面にも現れてきます。

            私たちの東洋医学で考える治療の中で最も大切にしている自然治癒力というのも、この平常心を保つ事と、とてもつながりを感じます。

            つまり、その時の自分の状態が周りの雰囲気に振り回されないということです。時間は一時も止まらないので周りも常に変化しています。その変化を自分の身体で感じ、その変化に流されず、その変化に合わせるように出来れば無理な力が抜け、平常心が生まれます。

            その周りの変化(季節の変化、状況の変化)からズレを生じたり、影響を受けたりして、身体の普段のバランスが乱れだした時、身体をその方のその時々の状態、その方の体質に合った状態に戻してあげることを、鍼灸では大切にしています。

            治療だけでなく、昔から平常心を鍛える方法はたくさん考えられてきました。

            私は普段の生活で、すぐ緊張したり、イラッとしてしまったり、頭が真っ白になったりしやすいほうです

            今回の世界陸上で室伏選手に感じた平常心を私も見習いたいです。





            【2011.09.01 Thursday 16:00】 author : hiyoridou
            | 東洋医学 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |